住まいさがしについてよくある質問Q&A

Question1 ひとり暮らしをしている学生は、
どのようなところに住んでいるのでしょうか。
Question2 どのような地域に住めばよいのでしょうか。
Question3 ほかにもたくさんの不動産仲介業者がありますが、「住まいさがしパンフレット」や同志社エンタープライズのWebサイト、「住まい斡旋会場」で住まいをさがすメリットは何なのでしょうか。
Question4 このお部屋にしようと思いますが、今後ほかの条件のよい部屋は空いてこないのでしょうか。
Question5 4月から入居するのに今契約してしまうと、家賃は契約開始日から発生してしまうのではないのですか。
Question6 京都以外の大学も受験します。一旦契約してしまうと解約するとき申込金がもったいないのですが…。
Question7 「提携宿舎」「専用・指定マンション」というのは何ですか。
(どう違うのですか)
Question8 パンフレット(またはネット)で気に入った物件を見つけました。
今の空き状況(または詳細)を教えてください。
Question9 同志社女子大学の入学を希望していますが、女子大学の斡旋会場が開催されていない時は、どこでさがせばよいですか。
Question10 同志社大学の合格通知が届きましたが、国立大学も受験します。合格発表(前期・後期)後に部屋さがしをするとなると、部屋も少なくなると思います。どうすればよいですか。
Question11 (株)同志社エンタープライズとはどのような会社ですか。
Q1 ひとり暮らしをしている学生は、どのようなところに住んでいるのでしょうか。
A1 ほとんどの学生は、一般的な学生マンションに住んでいます。一部の学生は、一軒家に間借りしたり、大学の学生寮に住んだりしています。
Q2 どのような地域に住めばよいのでしょうか。
A2 通学する校地(キャンパス)の近くに住むのが便利ですが、家賃などで物件が限られます。自転車で通学する学生も多くいます。課外活動やアルバイトの場所など、どのような学生生活を過ごすのかをよく考えたうえで、住む場所を決めてください。
住む場所は、個人の好みもあるためどこがよいかは一概には言えませんが、「提携住まい斡旋業者」などの話をよく聞いて決めるとよいでしょう。
このページのTopへ
Q3 ほかにもたくさんの不動産仲介業者がありますが、「住まいさがしパンフレット」や同志社エンタープライズのWebサイト、「住まい斡旋会場」で住まいをさがすメリットは何なのでしょうか。
A3 (株)同志社エンタープライズは大学と連携していますので、安心・安全であること、物件の紹介料が低廉であることがメリットとしてあげられます。また実際に住んでからその物件について苦情や要望がある場合、当社が窓口となりますので何かと安心です。 不動産仲介業者の中には、駅周辺や大学の門前、通学路上など店舗以外で強引なキャッチセールスを行う業者もあります。また物件の仲介のみで、入居後のトラブルなどの相談に応じていただけない業者もありますので、ご注意ください。
Q4 このお部屋にしようと思いますが、今後ほかの条件のよい部屋は空いてこないのでしょうか。
A4

もちろん今後お部屋は空いてくる可能性はありますが、すでにほとんどの入居学生の卒業後の進路は決まっています。突然条件のよい物件が今後キャンセルされ出てくることはありますが、これから徐々にお客様の希望に合う物件は減っていきます。今のタイミングで決定することをおすすめします。

お部屋さがしは時間との勝負!信頼ある「提携住まい斡旋業者」が一堂に会する各キャンパス内の斡旋会場にまずはお越しください。お時間のない方はこのホームページからご希望の物件を検索していただき該当の斡旋業者にフリーダイヤルで今すぐご相談ください。

このページのTopへ
Q5 4月から入居するのに今契約してしまうと、家賃は契約開始日から発生してしまうのではないのですか。
A5 「提携住まい斡旋業者」が紹介する物件には、今契約した場合でも入居される4月まで家賃が発生しないものもあります。ただし一部、契約開始日から家賃が発生する物件もありますのでご確認ください。
Q6 京都以外の大学も受験します。一旦契約してしまうと解約するとき申込金がもったいないのですが…。
A6 地域を超えてそのまま申込金をスライドできる斡旋業者や、発表後まで待ってもらえる物件があります。また、ご返金対応をさせていただく物件や業者もあります。詳しくはご希望物件の「提携住まい斡旋業者」にお尋ねください。
このページのTopへ
Q7 「提携宿舎」「専用・指定マンション」というのは何ですか。
(どう違うのですか)
A7 「提携宿舎」は京田辺にあり、安心・安全はもちろん経済的支援を目的とした同志社の学生専用宿舎です。 経済的負担は一般的な学生マンションより低額に抑えられており、礼金・仲介手数料も不要です。 女子学生専用として「セレーネ田辺Ⅰ」「メゾン市川壱番館」「メゾン市川弐番館(女子大学専用)」、男子学生専用として「Nasic新田辺ハウス」があります。詳しくは「提携宿舎のご案内」ページをご覧ください。 「専用・指定マンション」は今出川と京田辺にあり、立地条件・セキュリティレベルを充足した24時間管理のマンションです。 「専用マンション」は入居者全員が同志社の学生で、「指定マンション」は50%以上の入居者が同志社の学生のマンションです。そのうちの7割が「防犯モデル賃貸マンション」の認定を受けています。マンションの一覧や立地などの詳細は「専用・指定マンションのご案内」ページをご覧ください。
Q8 パンフレット(またはネット)で気に入った物件を見つけました。今の空き状況(または詳細)を教えてください。
A8 弊社は各物件の直接の斡旋業務を行っておりません。お気に入りの物件を見つけられ、お急ぎの場合は、パンフ各ページ下、またはWebの各物件ページ詳しくはこちらに記載の「提携住まい斡旋業者」までフリーダイヤルで直接お電話ください。斡旋会場でももちろんご案内します。
このページのTopへ
Q9 同志社女子大学の入学を希望していますが、女子大学の斡旋会場が開催されていないときは、どこでさがせばよいですか。
A9 同志社大学の各キャンパス内(今出川、京田辺)で3月25日まで住まい斡旋会場を開設しています。ここでも女子大学新入生の住まいを各業者から紹介することができます。ご予約のうえできるだけお早めにお越しください。
Q10 同志社大学の合格通知が届きましたが、国立大学も受験します。合格発表(前期・後期)後に部屋さがしをするとなると、部屋も少なくなると思います。どうすればよいですか。
A10 国立大学の合格発表まで申込金の預かりを待ってもらえる物件もあります。まずはキャンパス内の「住まい斡旋会場」にお越しいただくか、「提携住まい斡旋業者」にお電話(フリーダイヤル)でお問い合わせください。
Q11 (株)同志社エンタープライズとはどのような会社ですか。
A11 学校法人同志社の100%出資により設立された事業会社です。学校法人同志社のパートナーとして教育と研究を支え、社会貢献活動を側面から支援するために設立されました。同志社大学・同志社女子大学と提携し、信頼と実績のある斡旋業者を通じて、安心・安全で快適な住まいさがしのお手伝いを行っております。
このページのTopへ